住宅ローン金利

<2020年7月>住宅ローン金利比較一覧

投稿日:

〔今月の傾向〕

2020年7月の住宅ローン金利の一覧です
新型コロナウイルスの影響による緊急事態宣言が解除され、日常の生活や経済活動が動き出してきました。
 
そんな中、不動産市場は今大変活発に物件が動いている状況です。
年度内の引っ越しを目指している方や、東京オリンピック後の購入を考えていたがオリンピックもどうなるかわからないのでもう動き始めたなど、様々な理由がありますが購入希望の方々が物件見学に足を運んでいます。
売却希望の方にとっては様子見の考えもあると思いますが、購入希望者が多いタイミングは売却される方にもいいタイミングとなります。 

7月の住宅ローンの金利は、前月から比べて上昇傾向となりました。
変動金利は相変わらず変わっておりませんが、固定金利においては0.03~0.05%の金利上昇となっています。
 
フラット35も僅かながら0.01%の金利上昇となり、7月は0.01%引き下げだったため6月の金利と同水準に戻った形となっています。

 

都市銀行

 

フラット35

※表記の金利は、ARUHI表示のものです。
※フラット35Sは当初5年間(▲0.25%)の優遇金利です。6年目以降はフラット35の金利となります。

 

ネット銀行

※ネット銀行の場合、お客様ご自身での審査・申込手続きが必要になる場合がございます。
※購入物件の状況や金融機関の手続き等の各種条件により、ご選択いただけない場合がございます。

 

※上記金融機関は順不同です。株式会社ホームリンクの主な取扱の金融機関です。この他の金融機関もお取扱いが出来ますのでお気軽にお申し付けください。
 ※上記金利は一例です。各金融機関により、この他のラインナップもございます。詳しくは、担当営業までお問合せください。
 ※最大優遇後実行金利に関しては、審査の内容(勤務年数・ご年収・ご勤務先等)によるものであり、確約できるものではありませんので予めご了承ください。
 ※文字の色について、赤い
金利=先月よりも上昇、黒い金利=先月と同じ、青い金利=先月より下降
 ※上記金利の他に各金融機関・保証会社への保証料・手数料がかかります。詳しくは、担当営業までお問合せください。

 

 


 

-住宅ローン金利

今すぐ問合せをする

Copyright© 板橋マンション.com , 2020 All Rights Reserved.